スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
北風小僧の~♪と 教えてください
2006/11/21(Tue)
お初に聞きます。
♪きたかぜぇ~小僧の寒太郎 かんたろ~ぅ
ヒュル~ヒュル~ヒュルルンルンルン~♪

急に家の前で 鳴り響いた。
音楽が終わり 突然 

お待たせしました 灯油の寒太郎です。

灯油かぁ。初めて聞きました。
毎年 灯油販売の車が2社ほど走ってくる。1社は確かクリスマスの曲なんだよね。
その曲が聞こえると冬だなぁって思うんだよね。
もう1社は中華ぽくてオリジナル曲。
どちらか変わったのだろうか?
☆.。.:*・゜☆.。.☆.。.:*・゜☆.。.
北風吹くほどの寒さはなく暖かかった夕方、庭で放牧していたとき 16:09頃、家の前を自転車に乗った女性が通り過ぎた。~ガッシャン!~
女性の驚きの声と共に飛んだという声、男性の詰る声が聞こえたので直ぐ様 柵から身を乗りだし見れば
自転車の女性は とまれ の「れ」の文字の辺りで固まっていて その先には 白い車と車の横で男の子が座り込んでいた。
事故だ!と思い chocoを抱き抱えたままわたしもそばに駆け付け 学制服の男の子が両足の靴は脱げた状態。
とっさに「大丈夫ですか?頭は打ってないかしら?どこか痛いところは?」とまず尋ねたら意識はしっかりしていて 頭は打ってないという。
だが自転車に乗った女性は目撃者だが飛んで頭から落ちなかった?という。
自転車は引っ繰り返り、傘は十字路真ん中に飛び、自分も飛んで腰と両足打撲の足首痛いと言ったので 頭でも打っていると恐いから救急車が来るまで動かないで救急士の指示に従ったほうがいいと 告げた。ちょうど私が駆け付けたとき加害者が携帯をいじって救急車を呼ぶとこだった。そのあと気が動転してるのでしょう、ぼーぅとしていたので警察へは連絡されましたか?というと
『いや、まだしてない!』
では、されてくれますか?あなたの携帯で。あとから事故証明が必要になるとおもうので、といったら、
『あっー』、といぃ携帯番号を押しながら番号を呼称、『1・1・9』ピピピ
へっ?【110】だよ!とその場にいた3人(私、目撃者、奥さん)で言い直し掛け直させた。無理もない。可哀相に。奥さんも気の毒だ!その方もあと30mで自宅、家が目の前に見えてる。
呼んでいる間 被害者に声をかけ 家に連絡付けれたら知らせて、ここにきてもらったほうが と言ったら 誰もいないという。 共働きのようだが兄弟がいたのか電話をして駆け付けてきた。やはり家は目と鼻の先だった。駆け付けた二人のお兄さんのうちの一人、ちょっとこの現場 写真を撮っておこう。パチッ!☆オイオイ
そうこうしているうちに救急車がきて まず 頭打ってないかぃ?と頭を顔を撫で見回す 次は首は?でどこが今痛いか?と聞いて担架に乗せ 車内に収容。兄弟見てるだけだったので 一緒に誰か乗っていかなくていいの?と言ったら我に返り あっ、俺いくと言って後ろのドアを開けてもらった。そして、警察がきて実況検分、運転手を呼び、来た方向からそこにいたとき彼はどこにいたかとかどのように見えていたかとかてきぱきと進められあてた部分の確認、状況証言と現物の確認。すごい細かい部分なり見つけだす警察官 プロだなぁ。

★でも、ここで一つ疑問がある。私は無論、警察の方が来るまで自転車の跳ねた場所など現場維持を主張していたのだが、お構いなしに【救急士さん】は倒れた自転車を起こし壁に立て掛けた。警察が来るまでそのままにしておいたほうが状況が見えてよいのでは?と他の方もおっしゃっていたのだが このままにしておくほうが危ない。という。が、もともと端っこに跳ねとばされたもの危ないかなんてないに等しい。
こういう場合、どうしたらいいの?動かしていいの?よっぽど交通量の多いところならまだわかるけど。勝手に動かしてよいのでしょうか?その道の関係者、もしくは詳しい方にお聞きしたいです。どなたか教えてください!★

同乗していた奥さんに ひとこと伝えました。今夜 ご主人様 精神的心労で大変かとちょっと気にされて観察されたほうが。。。目撃者の女性も そうねぇ、びっくりされたでしょう?お二人青ざめていたから。。。と重ねておっしゃってくださいました。スピードも出ていなかったからすぐ止まったし軽傷みたいでまだよかったわねとも。
被害者の子は塾にいく途中の高校3年生 受験生だった 大事に至らず本当によかった。この先 頑張ってほしいです。運転手側も落ち込まないで。
立ち合ったお兄さん、凄く穏やかな方で 最後 お世話になりました!とお礼を言って頂き、できたお兄さんだと関心いたしました。
ただ私は、ただの野次馬だから。言われるような何も手当てもしていないのに。

お大事にされて早く怪我が治りますように!と言って解散となりました。巻き添えになった自転車を引くお兄ちゃんの後ろ姿を見送ったのでした。

散歩中 家の前を通ったときたまたま お母さまを見かけたことがあって また見かけたときにでも声かけてみようかしら?その後 いかがですか?と。

事故は 恐いです!
被害者にも 加害者にもならないために 気をつけましょう!
スポンサーサイト
この記事のURL | ひめっちのこと | CM(6) | ▲ top
<<この臭いは。。(´・ω・)″ | メイン | 届いたもの>>
コメント
- どきどきして見ました -
ひめっちさん おはようございます。
事故だったのですね。
家の近くで、それも近所の人達

スピード出ていなくて良かったです。
軽い傷だったのかな。。。
でも頭打ってたら大変だからレントゲンは必要ですね。

事故した時って 頭が真っ白で
119 なのか110番なのか わからないって
良くききます。
動揺してしまうんですよね。。
でも 目撃した人もいて よかったです。
誰もいないと ほんと自分が悪くなくても
言いくるめられることもあるし

住宅街通る時 私は交差点交差点
びびりながら走ってます。速度落として
自転車が来ないか見て

このあたりに一時停止のある交差点があるのですが
一時停止してない車が多くて
何度かぶつかりそうになりました。
私は悪くな~い 一時停止してない車が悪いですよね。。
タクシーも 一時停止してなくて
目がよければタクシー会社 見ておくべきだった


高校生の男の子
無事かな~ 親も心配ですね。
ひめっちさんも気になりますね。
2006/11/22 09:42  | URL | nao #-[ 編集] ▲ top
-  -
大事に至らず、ほんとよかったですね!
事故は、自分がミスしていなくても、もらい事故もこわいですよね。
右左注意して運転していても、自転車に乗っていても、歩いている時でも、なにが原因で自分が被害者になるかわからないです。
考え事や会話に熱中している時が、一番危ないでしょうか。
でも、これは加害者になるときも言えることで、どんなときでも常にまわりに注意を向けていることが大事ですね。
そして事故に巻き込まれた当事者って、本当にストレス大きいです。
わたしは幸いなことに、まだ加害者側にはなっていませんが、小さな事故でも修理に出すことや保険や相手との交渉や・・・。
やはり、注意するにこしたことはありません。嫌な事態はできるだけ身に降りかからないようにしたいものですネ・・・。
2006/11/22 10:40  | URL | ふじりんご #Z99GJyf.[ 編集] ▲ top
- ★naoさんへ★ -
自分も運転してる分、怖いですよね。
気をつけましょう=3

次の日、彼の家の前を散歩で通ったら 悲しくも入口に自転車が置いてありました。
2006/11/24 10:45  | URL | ひめっち #SFo5/nok[ 編集] ▲ top
- ★ふじりんごさんへ★ -
もらい事故も怖いですよね。トラックに挟まれると余計恐怖です。

最近訳のわからない運転をする方が多くて o(>< )oo( ><)o
あと、店舗の駐車場の作り方で、左折して5M以内 直ぐが入口のところが多くて
知らない街へいった時なんか特にわからないじゃないですか?
一緒に左折すると 前の車は 駐車場への左折のウィンカーのままで減速と急に止まる
こっちは左折直進というと曲がると同時に加速するじゃないですか?普通。
おっとぉー!!!となって危うくぶつかる事がしばしば。
ふざけてるな…こんな入口作るなよぉ~~!!と叫んでる事があります。

あと、急にウィンカー出して止まる人。参るよね。土日は、特に怖いです。

2006/11/24 10:52  | URL | ひめっち #SFo5/nok[ 編集] ▲ top
- 自転車乗り・・・ -
自転車乗りの一人として一言

マナーの悪い自動車がいて
マナーの悪い自転車もいます

譲り合いの精神はどこに行ったのでしょうか?

悲しくなりますよ!

明日は奥多摩湖までツーリングに行きます
安全に走行できることを心がけますが・・・
ぶつけられたら・・・・どうしようもないですね(汗


2006/11/24 23:31  | URL | 旦那 #yTA/pu2Q[ 編集] ▲ top
- 怖い、怖い -
私なら現場を写真で撮るかも。
野次馬根性的な心理もあるけれど、一応写真におさめておくなぁ。
昔ね、兄が事故に遭った時に、ブレーキを踏んだ、踏まないって相手の人が、ごちゃごちゃ言ってて、だから兄の友人と私と両親とで現場に行き、ブレーキ痕などの写真を撮って、保険屋の人にも提出して、ちょっと大変だったの。
それからは、きちんと状況説明の為にも現場写真は撮っておかなきゃって思うようになったの。まぁ、ある意味、いい教訓になった出来事でした(^_^;)

それにしても、自宅の側で、こんな事が起きるとビックリしますね。
自分も気をつけなければと思う。って私は自転車か徒歩ですが・・・交通ルールーと確認は怠らないようにしなきゃ。死角は怖いですからね~。

(そうそう、私の住む所はいつも近くで事故が発生しやすい場所なんです・・・怖いよ~(>_<) )
2006/11/25 10:39  | URL | syntag_ma #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。